開示書類作成支援サービス

 有価証券報告書、四半期報告書、決算短信、招集通知(事業報告・計算書類・注記表含む)等の開示書類の作成支援を行います。クライアントのニーズに応じて決算業務、開示書類の作成支援をコンサルティングまたはアウトソーシングによってサービスをご提供いたします。

開示書類作成支援

 毎年のように新設・改正される会計基準等に対応できる公認会計士によって開示業務を支援いたします。各種開示書類作成システムに精通しており、効率的な連携をご提案いたします。
 上流の業務から開示までの工程において非効率に行われているケースを見かけます。当社では、効率化・統制を考慮した業務フローの改善提案するとともに、改善実施のサポートもいたします。

上場準備会社対応

 上場準備会社では、上場申請のための有価証券報告書(Tの部)、上場申請のための有価証券報告書(Uの部)の作成を行いますが、開示資料の作成経験者が会社内に存在しないという状況が多いと思われます。これらの開示書類の完成度は上場申請時の審査に大きく影響するため、未経験者のみで開示資料の作成を行った場合に、不備事項の指摘や上場スケジュールの延期とう事態を招きかねません。当社では、公認会計士により過年度データの整備、項目間のデータの整合性、根拠資料の整備、ガバナンスやコンプライアンスの観点からのチェックなどを行いますので、開示書類に関わる上場スケジュールの遅延リスクを回避できます。

開示書類作成のアウトソーシング

 開示書類作成業務は、四半期毎など経常的な業務ではないこと、専門性の高い業務であることからアウトソーシングに適していると言われています。

開示書類作成支援サービス実施までの流れ

STEP1 お問い合わせ (初回ご相談料無料)
当社の開示書類作成支援サービスに興味を持たれましたらお気軽にご相談ください。

 

※メールでのお問い合わせの場合は1営業日以内にご連絡させていただくよう努めております。

STEP2 お打ち合わせ
御社へ訪問し、現在の業務内容のヒアリングをさせていただきます。

 

STEP3 御見積・ご提案
ヒアリング内容を元に、お客様のご要望に沿った最適なプランをご提案いたします。

開示書類,作成,アウトソーシング,上場,IPO

トップへ戻る