経理の効率化・生産性を向上しコスト削減と付加価値の創造|RSTANDARD (アールスタンダード)

経理の効率化・生産性を向上しコスト削減と付加価値の創造|RSTANDARD (アールスタンダード)

経理の生産性を効率よく向上させるには?

 一概に「経理の生産性を向上させる」というけれど、一体何をすればいいのでしょうか。その全体像を正確に把握できている人は少ないように思います。
 よく見かける経理の生産性向上アプローチには、
・今まで30時間かかっていた業務を15時間で行いなさい。
・今まで8人でしていた業務を6人でできるようにしなさい。
・月次の締めを12営業日から5営業日でできるようにしなさい。
といったものがあり、これらを指示されたり目標設定されることが大半を占めていると思います。
 これらは確かに生産性向上の一面を表しています。しかし全体像を視野に入れていなければ、効率は上がったけれども経理のレベルはそれほど上がっていない、という状況になってしまいます。

 

経理,効率化,生産性向上,コスト削減,付加価値

全体像を視野に入れた経理の生産性向上とは?

 まず生産性の向上とは、経済学では生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指し、それらを向上することと言われています。要約すると、「人件費の削減と付加価値を生みだす際の効率化」つまり、省力化なのです。
 この省力化に特化したアプローチが多いというのはある意味正しいと言えます。しかし、どうでしょう?企業は、常に付加価値の創造・向上を行っています。だから経理部門も同様に付加価値の創造・向上が求められます。
 この変化していく戦略経営目線での将来的な付加価値を視野に入れることによって、全てを視野に入れた生産性向上を目指せるようになります。

 

実際は生産性を低下させている?

 多くの企業では、生産性向上施策は省力化となっており、付加価値の向上を意識していないというケースが見られます。
 一旦は、相当な労力をかけ現状業務の省力化を図り人件費コストの削減ができたとします。この場合には一時的な成果が得られた、となります。しかし、新たにいくつかの指標が見たいなどの様々な付加価値の向上が求められるたび、省力化された業務フローが大幅に変更されることとなり、幾度となく相当な労力を費やしたり、不必要な設備投資が必要となります。
 このような状況では経理スタッフのモチベーションは低下しやすく定着率の低下を招く恐れが高まります。繰り返される労力・不必要な設備投資・スタッフ定着率の低下等によって実際は生産性が低下しています。

 

経理,効率化,生産性向上,コスト削減,付加価値

付加価値の向上を意識した生産性の向上を行うには?

 付加価値の向上を意識した生産性の向上を行うには、付加価値の変化を予測し付加価値向上施策を創造し、その創造体系のなかで既存業務を効率よく遂行できる仕組みを考えることが必要です。そうです。従来からとても重要なスキルといわれた「創造力」が必要なのです。また、広範な知識や経験も必要となります。

経理部門に必要な創造力とは?

・現在必要となる全アウトプットのデータ構成イメージ
・経営戦略上、今後必要となってくるアウトプットのデータ構成イメージ
・各種IT技術の利点と欠点の把握
・スタッフスキルの把握
・事業部門の慣習・対応力
これらを前提条件とした業務フロー構成・組み合わせ・コストをどれだけイメージできるか。これが経理部門に必要な「創造力」であり、そしてその組み合わせの中から最適解を導き出し、構築することが求められます。

 

当社の生産性向上アドバイス(初回無料)
 当社では、生産性向上ノウハウを多数保有しており、専門スタッフが生産性向上に関するご相談についてアドバイスいたします。初回のご相談については無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。生産性改善のコンサルティング費用は改善効果の一部から拠出していただく方法もございます。従いまして初期費用なしでも生産性の改善を始めることが可能です。

当社のアドバンテージサービスはこちら

 低コスト(40%OFF)・短期開発(60%短縮)・高付加価値(5倍)
経理部門の生産性を向上させる経理アウトソーシング
 制度会計から管理会計まで当社のノウハウを享受できる経理アウトソーシング(9,800円〜)(急な退職・丸投げ対応可)
付加価値を飛躍的に向上させる経理常駐型・訪問型サービス
 上場会社レベルの経理部門の構築や人材不足に対応するノウハウを提供します。(丸投げ対応可)
最短でIPO(新規株式公開)を目指すプロセス
 IPO(新規株式公開)を最短かつ成功確率を0.5%から90%以上へ。

経理生産性向上サービス

経理,効率化,生産性向上,コスト削減,付加価値

 当社では、経験豊富な経理実務プロにより貴社の業務運用状況を分析し、時短(工数削減)と品質向上の両面から改善案を提案し、改善実施まで行います。多くの企業で経営課題となっている経理部門の人件費コストの削減や付加価値の高い経営帳票の作成支援を実施しています。また、短期間での会計システム導入及びリプレイス、KPI分析に関わる基幹システムとの連携などの支援も実施しています。


経理生産性向上業務の概要

  1. 経理業務の業務フロー改善を実施して時短・コスト削減
  2. 経理業務の標準化・共有化により時短・コスト削減
  3. 経理業務に最適システムを導入して付加価値向上・時短・コスト削減
  4. 戦略経営に活用する経営帳票の運用により付加価値向上
  5. 部門業績判断に活用する業績帳票の運用により付加価値向上
  6. 経営情報・業績情報のみえる化により付加価値向上

経理生産性向上業務のタスク

現状業務の把握
  • 業務セグメントごとの工数測定
  • 業務フローの文書化
  • ボトルネックの抽出
課題解決案の提示
  • 課題解決方法の提示
  • 課題解決後のメリットを提示
  • 課題解決のためのスケジュールを提示
  • 課題解決のためのコストを提示
改善実施
  • プロジェクトマネジメント実施
  • 課題解決タスクの実施
  • 課題解決進捗管理・報告
  • スタッフ教育
改善後の業務
  • 改善前と改善後の比較評価報告
  • 今後の課題提示

生産性向上支援サービス実施までの流れ

STEP1 お問い合わせ (初回ご相談料無料)
当社の生産性向上支援サービスに興味を持たれましたらお気軽にご相談ください。

※メールでのお問い合わせの場合は1営業日以内にご連絡させていただくよう努めております。

STEP2 お打ち合わせ
御社へ訪問し、現在の業務内容のヒアリングをさせていただきます。

 

STEP3 御見積・ご提案
ヒアリング内容を元に、お客様のご要望に沿った最適なプランをご提案いたします。

経理,効率化,生産性向上,コスト削減,付加価値

 

 

RSTANDARDはクライアントのバックオフィスの効率化・付加価値向上・コスト削減・アウトソーシング等の各種支援サービスを行っております。

 

トップへ戻る