売掛金とは・勘定科目や仕訳方法

債権として扱われる売掛金は、営業によって生まれた資産を管理していくためにも非常に重要な役割を持っています。

 

あまり会社の会計に携わってこなかったという方でも、一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

また会社がどのような企業とどれだけの利益を生む結果を出したのか証明できることから、会社の財政状況を知るためにも理解しておかなければなりません。

 

会社で働く上でも知識を持っているのと不足しているのでは、活躍の幅に直結してくることでしょう。

 

そんな社会人としても大切な売掛金について、勘定科目や仕分け方法を解説しながら、株式会社RSTANDARDが様々な情報をお届けします。

売掛金とは

サービスや商品を売り上げたお金の中で、まだ回収できていない代金を指す言葉です。

 

回収が終わっていない代金と言われてもピンとこないかもしれませんが、例えば居酒屋のツケ払いで考えてみましょう。

 

ツケ払いは代金の支払いを別の日に行うことを、帳簿に記録しておく意味も持っているため、売り上げがあるものの、現状では回収しきれていない状態となります。

 

つまりこの売上の中で回収が済んでいないものが売掛金です。このように支払いを引き伸ばすことを「掛取引」とよび、ある程度の信頼が必要になるため「信用取引」とも言われます。

 

売上や費用が出た直後に支払ってもらった方が安全に感じますが、全て現金決済にすると計算ミスが起こりかねません。

 

そのため指定日にまとめて支払ってもらう掛取引を行うことで、清算手続きに追われる必要もなく効率的に業務が行えるようになります。

 

その他の代金との違い

代金には、未収金や買掛金、前受金、立替金、仮払金、なども含まれています。特に未収金は売掛金と混同されやすいので、それぞれの違いについて詳しく解説します。

 

未収金

未収金は会社の債権を受け取るところでは似ていますが、営業取引の売上ではなく営業外で生まれた代金のことを言います。

 

営業外として扱われる取引には、有価証券や備品の売却、固定資産などが未収金として扱われます。

 

サービスや商品以外の売却で得られる未収金ですが、未収金での計上が続きすぎてしまうと財務管理がしっかりできていないと判断されかねません。

 

そのような事態にならないためにも、営業で得ることができた利益と営業外での利益を管理していくことが大切です。

 

買掛金

買掛金は売却金とは逆で、現状ではまだ支払いが終わっていない仕入れ代金のことを指します。

 

取引相手が未払であるものが売掛金、自分が購入したりサービスを利用したりした支払いが終わっていないものが買掛金と考えると理解しやすいのではないでしょうか。

 

また買掛金は貸借対照表では資産として扱われます。買掛金も売掛金もできるだけ早く手続き終わらせた方が企業の負担を和らげられるので、資金繰りは計画的に行っていきましょう。

 

前受金

前受金はサービスの提供前または、商品の納品前などに受け取る代金のことを言います。売掛金は提供後に支払うものなので、そこが2つの大きな違いと言えるでしょう。

 

前受金は先に支払い手続きを終わらせることができるので仕入れの支払いもしやすく、サービスや商品を提供した後に回収ができなくなるという事態を避けることが可能です。

 

また経理上では売上を計上した日と入金があった日を照らし合わせることで、前受金か売掛金か簡単に見分けられる特徴を持っています。

 

ただし前受金は売上高として計上されるのではなく、あくまでも提供前の代金を一時的に処理するための科目だと言う点にはご注意ください。

 

立替金

本来は他者が支払う代金を立て替えた際の勘定科目のことを立替金といいます。

 

具体的には取引先が負担する発送費といったものを、一時的に建て替える時に発生する賃借対照表上の資産です。

 

立替金には金銭債務として売掛金と同じ受け取る権利がありますが、売掛金の場合は売上債務に縛られることとなるため、立替金とは大きな違いを持っています。

 

仮払金

仮払金は会社や企業の従業員が出張した時にかかる費用を負担した際や、支払いが終わっていても用途がまだ確定していない勘定科目をまとめて言います。

 

売掛金の場合は用途が分からないものは扱わないことから、内容が分からない勘定科目が含まれる仮払金とは性質が大きく異なっているといえるでしょう。

 

仮払金と似たものには仮受金というものがありますが、こちらの場合は受け取った金銭があるものの、用途が分かっていないものを一時的に処理する際に用いられます。

売掛金の勘定科目

勘定科目では流動資産として扱われる売掛金は、ただ発生したからと帳簿付けを行えば良いというわけではありません。

 

どこの取引先とどんな取引を行なった結果、いつ売上として発生したのか、未回収金額がどれくらいあっていつ入金するのかなど詳しく記載しなければなりません。

 

そういった時に役立つのが、売掛帳と呼ばれる補助的に売掛金を記録する帳簿です。

 

売掛帳を使って取引先ごとの売掛金を記入していくことで、回収状況を把握することはもちろん取引量の調整や管理がしやすくなるでしょう。

 

売掛金の滞留が続いてしまうと会社や企業にとっての大きな負担となるため、売掛金の処理ができるだけスムーズに行えるように、記録に残していくようにしてください。

 

事前準備がしっかりとできていれば、勘定科目として漏れや記入ミスをしてしまうリスクを抑えることが可能です。

 

記載される項目

勘定科目として記載する際の項目は、

 

  • 口座(得意先・仕入先)
  • 日付
  • 金額
  • 摘要
  • 残高

 

などについて記載しなければなりません。どれかひとつが欠けてしまっても正しい勘定科目として認めてもらえなくなるため、情報に漏れがないようにしましょう。

 

また帳簿とのズレがあると信用を失うことにもなるため、情報の記入ミスにもご注意ください。

売掛金の処理

売掛金の処理がどのように行われるのか、代金が賃借対照表へ記載されるまでの流れを解説します。

 

どのような流れで処理されるのか知っていれば、実際に帳簿をつけるようになった時にも、タイミングを間違えずに適切に処理していけるようになるでしょう。

 

処理手順1.売掛元帳への転記

企業や会社に営業をして売掛金が出たら、まずは振替伝票に仕分けの内容を記入して、売掛金元帳に転記することになります。

 

会計ソフトが使われている場合はどちらかに入力すれば、自動で帳簿が作られるので値に間違いがないように入力していきましょう。

 

取引ごとに売上や返品、預金通帳に現金回収などの区分が設定されているものと、それらの情報に加え品名から単価、数量まで詳細情報を記入するタイプ があります。

 

どの様式が使われるかは会社や企業によって変わるので、どのような情報が必要か事前にチェックしておくと作業がスムーズです。

 

処理手順2.入金伝票の記入

入金が口座もしくは現金で行われた場合、入金伝票に仕分けを記入した後に、売掛金元帳に転記を行います。

 

このように入金があったことで借方の方にあったものを、借方の方へと仕分けすることを消し込みと呼びます。

 

前述したとおり、現金または口座での入金が条件となるので、入金が行われる期日間近の時には、どこからどのような入金があったのか必ずチェックするようにしてください。

 

特定の期日が決められているのであれば、見落とさないように注意してその日のうちに売掛金元帳への転記をしておくことをおすすめします。

 

処理手順3.売掛金の残高チェック

基本的に残高チェックは、半月や1ヶ月ごとになどのように期間を定めて定期的に行われます。

 

残高チェックを行う方法は、売掛金残高一覧表を用いることで行うことが可能です。

 

売掛金残高一覧表で、期日を過ぎた状態で未払いになっている取引がないか、漏れや記入ミスによって残高が間違ってしまっていないかなど隅々までチェックしていきましょう。

 

また、全体から全てを把握しようとすると見落としや記入ミスが起きやすいので、取引した企業で分けて、いつでも補助科目を記入してチェックできる体制を作っておくと効率的です。

 

間違った残高を記載してしまうと、最終的に計算のし直しをしなければならなくなるため、できるだけ詳細に内容をまとめていくことが重要です。

 

処理手順4.売掛金残高の期末処理は賃借対照表に記載

期末に計上された残高は、賃借対照表の流動資産という扱いで記載を行います。

 

ちなみに流動資産とは短い期間の間で現金にすることができるものとされているので、支払いの期日が決められている売掛金もそのひとつとして数えられます。

 

その他の流動資産には、

 

  • 現金預金
  • 受取手形
  • 商品
  • 製品
  • 前渡金
  • 有価証券
  • 未収入金
  • 前払費用
  • 貸倒引当金
  • 受取手形

 

などが含まれるので、どれがどの項目に当てはまるのか間違えないように記載していきましょう。

 

受取手形は現金化することが難しいものも含まれますが、流動資産として扱うようにしてください。

 

記載を間違えてしまうと正式な書類として認めてもらえないので会社では書き方を統一して、共通認識を持っておくようにしましょう。

売掛金の仕訳の例

実際に売掛金の仕訳がどのように行われるのか、ケースごとに合わせた仕訳方法を紹介します。

 

状況によって必要な仕分けも変わってくるので、柔軟に対応できるように覚えておくといいでしょう。

 

売掛金の仕訳

商品やサービスを提供したり引き渡したりした時に、預金や現金での受け入れがないことで出てきた売掛金は以下のように仕分けされます。

 

例:税込26万円の売り上げが出た仕分け(三分法)

借方 貸方
売掛金 26万円 売上 26万円

 

回収が行われた際の仕訳

未払の売掛金が回収された時には消込処理を行うルールとなっています。記載する際はしっかりと回収が行われたのかどうか確認するようにしてください。

 

例1:26万円が普通預金に振り込まれた仕訳 (銀行振込手数料500円)

 

借方 貸方
普通預金 259,500円 売掛金 26万円
支払手数料 500円

 

上記のように振込手数料がかかるケースでは、支払手数料がかかったことを証明するために普通預金と分けられた状態で記載されます。
例2:他社振り出しの小切手を受け取った際の仕分け
小切手が扱われるケースでは、現金として処理しなければなりません。

 

しかし、過去に振り出した小切手を受け取る場合の借方は、現金としてではなく当座預金になる点にはご注意ください。

 

借方 貸方
現金 26万円 売掛金 26万円

 

例3-1:60万円の売上が出た後にクレジット会社から入金があった仕分け(手数料5,000円)

借方 貸方
クレジットカード売掛金 59,5000円 売上 60万円
支払手数料 5,000円

 

例3-2:クレジットカードの40万円の売り上げが入金された仕訳

借方 貸方
普通預金 40万円 クレジットカード売掛金 40万円

 

未回収で回収不可能になったケースの仕訳

信用取引となる売掛金は、何かしらのトラブルが起きたり取引相手の滞納が起きてしまったりする危険性があります。

 

そのため必ず支払われるものだと決めつけずに、支払われない可能性もあると日頃から想定しておかなければなりません。

 

そのような事態は避けたいものですが、貸倒引当金が設定されていなかったケースと設定されていたケースでは書き方も異なってくるので事前に確認しておきましょう。

 

例1:企業Kの売掛金60万円が貸し倒れになった際の、貸倒引当金が設定されていない仕訳

借方 貸方
貸倒損失 60万円 売掛金 60万円

 

貸倒引当金が設定されていないケースでは、貸倒損失を全て損失として扱います。

 

例1-2:企業Kの売掛金60万円が貸し倒れになり際の、貸倒引当金が設定されている仕訳

借方 貸方
貸倒引当金 60万円 売掛金 60万円

 

貸倒金が回収不能となってしまったケースでは、決算時の賃借対照表から貸し倒れとなった代金を消去する仕訳を行います。

 

通常貸倒損益計算書に計上される形となりますが、貸倒引当金が設定されている場合は、貸倒した代金が全て損失として扱われない点には注意が必要です。

 

値引を行った際の仕訳

 

例:売掛金40万円から200円の値引きを行なった際の仕訳

借方 貸方
普通預金 309,800円 売掛金 40万円
売上値引 200円

 

上記のように、普通預金と売上値引きは分けて書くようにしましょう。

 

一部入金をした際の仕訳

 

例:売掛金30万円のうち、10万円の入金が普通預金で行われた際の仕訳

借方 貸方
普通預金 15万円 売掛金 15万円

 

一部支払われた金額のみを仕分けすることになるので、しっかりと記録しておかないとどこの企業との取引なのか分からなくなってしまいかねません。

 

そのため、仕訳を記入する摘要欄の中にどの売掛金の一部支払いなのか記載して、見分けがつくようにしておきましょう。

 

また会計ソフトを使う場合は、全額を消し込みにしないように注意してください。

 

返品処理が行われた際の仕訳

提供した商品やサービスに問題があることによって、返品や返却をされた際の仕訳は以下のようなものになります。

 

こちらは不備が起こらないように細心の注意を払っている会社でも、100%防げるものではないので、もし返品や返却が起きた場合にも正しく記載するようにしましょう。

 

例1:品質に問題のあった5万円の商品が返品された際の仕訳

借方 貸方
売上 5万円 売掛金 5万円

 

例2:売上戻りを表記する際の書き方

借方 貸方
売上戻り

 

(売上返品・売上戻り高)

5万円 売掛金 5万円

 

返品された時の売上戻りは財務諸表では表示されないことから、例1の売上から直接差し引く形の仕分けが使われるケースも少なくありません。

 

企業によっては売上戻りをしっかりと記載する場合もあるので、所属している企業がどのような仕訳を行なっているのか事前に確認しておきましょう。

 

会社の運営を行っている方は、社員が書き方に困らないように記載の仕方を統一しておくことが重要です。

売掛金の回収代行とは?流れやメリット・注意点

こちらの記事では、売掛金の回収代行のメリットや注意点についてご紹介しております。
売掛金の回収代行を利用することで、回収にかかる手間や時間を省略して業務効率化につなげることができ、さらに未回収リスクを回避することも可能です。
売掛金回収がうまく進んでいない・売掛金回収のノウハウがない企業など、代行サービスを検討している方はぜひ参考にしてください。
売掛金の回収代行とは?流れやメリット・注意点

まとめ

勘定科目のひとつである売掛金は、まだ未回収のままになっている分の代金を管理する、信用取引を行う上でも欠かすことができません。

 

自社が企業や個人と商談の結果を会社内で把握するだけでなく、財務省や税理士などに、正確に財務状況を伝える資料としても役立ちます。

 

仕訳を行う際には、預金や現金、手形や小切手などの支払い方法に合わせて記載する必要があるので、まずはどのような書き方が正しいのか覚えていくことから始めましょう。

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

 

トップへ戻る