経理アウトソーシングを検討する上で、メリットとデメリットを把握しておくことは、とても有益である。

経理アウトソーシングを依頼するのであれば、どのようなメリットを享受したいのかをイメージしておくことで、その効果が最大限発揮できる。

経理アウトソーシングのメリット

  1. 予定していた時間で必要な業務が完了する。
  2. 法律知識が必要な領域を依頼できる。
  3. 社員の誰もやりたくない業務を依頼できる。
  4. 業務品質の低下を防げる。
  5. 採用コストを抑制できる。
  6. 業務品質を向上できる。
  7. 急な人員不足でも即戦力対応ができる。
  8. 他社事例を享受できる。
  9. 改善案を提供してもらえる。
  10. 業務マニュアルが整備できる。
  11. 高品質な内製化指導をしてもらえる。
  12. バックオフィス全般の相談ができる。
  13. 省力化アドバイスをしてもらえる。

経理アウトソーシングのデメリット

  1. 業務連携で時間ロスが生じることがある。
  2. 修正処理で時間ロスが生じることがある。
  3. 小さな修正をお願いしづらい。
  4. イレギュラー対応できない。
  5. 業務ノウハウを蓄積することができない。
  6. 派遣社員と比べコスト高となる場合がある。
  7. 業務を開始するまでに時間がかかる。
  8. 現金出納など対応できない業務がある。
  9. 担当者が入れ替わることがある。
  10. 追加業務ごと費用が発生する場合がある。
  11. コミュニケーションがとりずらい。
  12. 前倒し処理が難しい。
  13. 担当者によって品質が悪い
トップへ戻る