記帳代行とは?業務内容やメリット・費用相場

 

経理担当の方のなかには、記帳にかかる業務を効率化させたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
記帳業務は作業の手間もかかり大変ですよね。

 

そこで本記事では、記帳の業務を効率化できる記帳代行を使うメリットやデメリット、費用の相場を紹介します。
記帳業務のアウトソーシングを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

 

記帳代行とは

記帳代行とは、自社の経理業務の一部である記帳を外部機関にアウトソーシングできるサービスのことです。

 

会計事務所や税理士のほか、記帳代行をサービスとして提供している経理アウトソーシングの会社などに依頼することができます。

 

記帳代行では自社で作成した伝票をはじめ、仕訳帳や現金、預金出納帳に基づいて、記帳代行が総勘定元帳や試算表を作成してくれます。

 

記帳代行を利用することで、自社で総勘定元帳や試算表を作成するよりも正確な書類作成が行えるうえ、記帳業務の手間も削減できるためとても便利なサービスです。

記帳代行と経理代行のサービス内容の違い

記帳代行と似ているサービスに経理代行というものもあります。
記帳代行と経理代行のサービス内容の違いは、対応しているサービス内容の範囲です。
記帳代行は、経理代行のサービス内容の一部に含まれます。

 

記帳代行のサービス内容

 

記帳代行のサービス内容は、主に会計ソフトへの入力と帳簿作成の2つです。

 

領収書や発注書などクライアントが取引したことを証明する書類である証憑を記帳代行会社に送付すると、会計ソフトを使用して、取引を日付順に入力してもらえます。

 

また、決算のたびに帳簿作成を記帳代行会社のほうで対応してくれます。
記帳代行で作成を依頼できる主な帳簿の種類は、現金出納帳や預金出納帳、総勘定元帳などです。

 

なお、記帳代行を会計事務所か税理士か、それとも経理代行会社に依頼するかで代行してもらえるサービスの範囲は変わります。
どこまで業務を任せられるのかは、事前に確認しましょう。

 

経理代行のサービス内容

 

経理代行のサービス内容は、記帳代行や振り込みや支払いの代行、給与計算、そして売掛金と買掛金の管理の4つです。

 

会計ソフトへの入力と帳簿作成の2つは記帳代行のサービスにも含まれていますが、経理代行の場合はそれに加えて入金や支払い対応後の精査の作業も対応してもらえます。

 

また、日常業務のなかで発生する支払いや振り込みの代行や、従業員の給与の計算も依頼できます。

 

売掛金と買掛金の管理も重要な経理代行の業務内容の1つです。
売掛金や買掛金の管理を行ってもらうことで売掛金の回収漏れを防ぐことができます。
また、買掛金を放置するによって税務調査での指摘が入ってしまうといった事態も防げるでしょう。

記帳代行のメリット・デメリット

 

ここからは、記帳代行のメリット・デメリットを解説します。
きちんと理解したうえで、記帳代行を活用しましょう。

 

記帳代行の4つのメリット

 

記帳代行のメリットは、主に4つあります。

 

メリット@コスト削減ができる

 

記帳代行を依頼すると費用が高くなるイメージがあると思いますが、実は記帳代行を使ったほうが経理業務にかかるトータルコストを削減できる可能性があります。

 

たとえば、経理担当者を雇用する場合、企業により異なりますが人件費として、月に最低でも20〜30万円ほどのコストがかかります。
しかし、記帳代行を利用すれば月に数万円の手数料で足りるため、人件費のコスト削減が見込めるのです。

 

メリットAビジネスの効率化ができる

 

記帳の業務があることで負担が増え、ほかの経理業務に手が回らなくなっては本末転倒です。
企業の利益や売上に直結しない記帳業務をアウトソーシングすることも、業務の負担を軽くする方法の1つです。

 

記帳にかかる業務の時間を減らすことが、ビジネスの効率化につながります。

 

関連記事>>経理業務を効率化する方法やメリット

 

メリットB節税対策の向上

 

記帳代行を利用することで会計の正確性が上がり、納税額や通期の利益の予測がつきやすくなります。
予測がつくため事前に節税対策を検討することが可能です。

 

また、記帳代行を行う税理士や会計事務所から節税についてもアドバイスを受けられる場合もあります。
さらに税務調査があった場合も、税理士が税務調査のための準備を進めてくれることや、事前に依頼ができるため立ち合いをしてくれるなどもメリットとして挙げられます。

 

メリットC管理会計の向上

 

記帳代行では、1か月単位の経営成績や財政状況を確定してくれる月次決算を行ってくれます。

 

月次決算をもとに経営指標を確認することやビジネスの改善を図るなど、財務管理ができるようになります。
財務管理が可能となれば資金繰りもしやすくなり、銀行との交渉もスムーズに行えるでしょう。

 

 

記帳代行の3つのデメリット

 

記帳代行のデメリットは、主に3つあります。

 

デメリット@違法な会社が混じっている場合もある

 

記帳代行は、税理士の資格がなくてもできる事業です。
しかし、税理士の資格のない記帳代行会社への税務相談や、税務関連書類の作成代行を依頼することは法律的に禁止されています。

 

そのため、税理士の資格を持っていないにも関わらず、税務の相談を受けている記帳代行会社は違法業者になります。

 

デメリットA経理データをすぐ把握できない場合もある

 

クラウド会計システムを導入している記帳代行会社であれば、すぐに経理データを確認できます。
しかし、クラウド会計システムを導入していない記帳代行会社であれば今すぐに経理データを把握したいと思っても時間を要するでしょう。
たとえば郵送でデータをやり取りする場合は時間がかかってしまうため、自社で記帳業務を行うよりもかえって効率性が落ちてしまうということも考えられます。

 

デメリットB依頼先によっては税務申告を代行してもらえない可能性がある

 

記帳代行会社に税理士が在籍していない場合、申告業務の1つである税務申告を行うことができません。
別で税理士を見つける必要があるため、手間もかかってしまいます。

 

記帳代行の依頼を検討している会社に税理士が在籍しているかどうかは、依頼前にあらかじめ確認しておきましょう。

記帳代行の費用相場

記帳代行の費用相場は、「仕訳数により費用が変わる」場合と、「1時間あたりの料金制」の場合があります。

 

たとえば、「仕訳数により費用が変わる」税理士に依頼した場合は、1仕訳あたり50〜100円を1つの目安として、月額1〜3万円ほどかかります。

 

「1時間あたりの料金制」の場合は、2時間あたり1万円程度からの利用が可能です。

 

依頼する記帳代行会社により料金は異なるため、事前に確認することがよいでしょう。
>>経理アウトソーシング(代行)の費用相場はこちら

 

年末調整代行の業務内容・費用相場

記帳代行と似ているサービスに年末調整代行というものもあります。

 

経理や人事部などの方のなかには、年末調整を行う時期は特に忙しいと感じている方も多いでしょう。
年末調整に関する業務は、1円たりともミスできない重要な仕事です。
そんな労力と時間を要する年末調整を少しでも楽にするために、年末調整代行を検討している企業もあるのではないでしょうか。

 

以下の記事では、年末調整の業務を年末調整代行会社に委託しようと考えている方に向けて、年末調整代行とはどんなサービスなのかを詳しく紹介します。
年末調整代行のサービス内容や費用の相場も解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

年末調整代行の業務内容・費用相場

記帳代行の依頼に向けて準備する資料の種類

記帳代行は便利なサービスですが、サービスを受けるためにはいくつかの資料を自社で用意しておく必要があります。
記帳代行の依頼に向けて準備する資料は、以下の5点です。

 

記帳代行を依頼する際に準備する資料

  • 預金通帳
  • 領収書
  • 売上請求書
  • 支払先からの請求書
  • 給与関連書類
    •  

      記帳を済ませ、経理をする月の1日〜月末までが見えるように預金通帳をコピーして、データを記帳代行会社に渡します。

       

      領収書については、提出漏れがないように提出前の確認が大切です。

       

      請求書関連は、依頼をする記帳代行会社によって提出する書類が原本とコピーに分かれるため、事前に確認のうえ、提出するようにしましょう。

       

      給与関連書類は給与明細やタイムカードなどが該当し、給与の計算が終わった書類を提出します。

記帳代行は業務を効率化できるというメリットがある

 

いかがでしたでしょうか?

 

記帳代行には、コスト削減や業務の効率化が図れるメリットがあります。
一方、デメリットには場合によって経理データの取得に時間がかかることや税理士が在籍していないことがあります。
しかし、そのデメリットは依頼する前に確認することで回避が可能です。

 

経理業務の効率化を考えている方は、記帳代行サービスの導入がおすすめです 。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

 

トップへ戻る