記帳代行とは?業務内容やメリット・費用相場

記帳とは、会社の取引を帳簿につけることを指します。
2014年より白色申告・青色申告を問わず帳簿づけが法的に義務化されたことで悩まれている方も多いでしょう。
この帳簿づけの悩みを解決するのが、他社サービスへ記帳を外注できる記帳代行です。
経理担当者が不在の場合やスタートアップ企業の場合など、あらたに雇い入れる予定がある方は、業務を円滑に進めるためにも記帳代行を検討してみるのもよいでしょう。
ただ、はじめて利用する場合、「記帳代行はお金がかかりそう」「本当に便利なの?」など、不安や疑問もあると思います。
そこで今回は、記帳代行を利用すべきか悩まれている方のために、詳しく解説していきます。

記帳代行とは

記帳代行について解説する前に、まず記帳とは何かについて解説します。

 

そもそも記帳とは?なぜ必要なのか?

 

記帳は、事業を行う中で生じた取引の内容を帳簿に記入する作業のことです。

 

たとえば、「普通口座に50万円が振り込まれた」「100万円の自家用車を購入した」ということを、取引の性質に合わせて「交通費」や「通信費」などの勘定科目として仕訳をしていきます。
事業用の家計簿と言えばイメージしやすいかもしれません。
日々の取引を正確に記帳することで税額計算が行え、正しく納税できるのです。

 

記帳は決算書を作成するための業務ではありますが、事業に関するお金の動きを把握し、経営状況についても明確にできるメリットがあります。
長く事業を続けていくためには、お金の動きを正確に管理し、定期的にチェックしながら、トラブルには早期に対処する作業が大切になってきます。

 

余計な税金を支払ってしまったり、必要な節税対策が行えなかったりといったトラブルを避けるためにも、記帳は日頃から正しく行いたい業務なのです。

 

ただ煩雑な業務であることには変わりないため、業務負担が大きくなりがちに。
そこで検討いただきたいのが、記帳代行です。

 

記帳代行とは

 

記帳代行とは、自社の経理業務を外部機関にアウトソーシングすることです。

 

記帳代行では、自社で作成した伝票をはじめ、仕訳帳や現金・預金出納帳にもとづいて、記帳代行が総勘定元帳や試算表を作成してくれます。

 

会計事務所や税理士が担当するケースのほか、記帳代行をサービスとして提供している経理アウトソーシングの会社もあります。
経理アウトソーシング会社の場合、ベンチャー企業や上場企業などで経理経験を積んだ社員や会計士・税理士が在籍している会社もあり、自社で作成するよりも正確な書類作成が行えるのが特徴的です。

 

記帳代行業者を選ぶ際は、料金やサービスの質、契約期間などを比較検討して、自社にあったところ見つけるのがポイントとなってきます。

 

記帳代行の業務内容

記帳代行を会計事務所か税理士か、それとも経理アウトソーシングの会社に依頼するかで業務内容は変わるため、依頼する際にどこまで業務を任せられるのかは事前に確認しましょう。

 

たとえば、税理士事務所の記帳代行では、まず領収書や発注書、レシートなどクライアントが「取引」したことを証明する書類「証憑」を、日付順に貼り付けていきます。
それを元に、パソコンにインストールされた会計ソフトを使用して、「取引」を日付順に入力していくのです。
会計ソフトの中には、「取引」を日付順に入力していく「仕訳日記帳」のほか、銀行との取引だけを入力する「預金出納帳」などがある場合があります。
一つひとつの「取引」内容を、数多くある勘定科目ごとに仕訳をしながら作業を行っていき、最終的に総勘定元帳や試算表を作成してくれるのが税理士事務所での記帳代行の業務内容です。

記帳代行のメリット・デメリット

 

ここからは、記帳代行のメリットとデメリットを解説します。
きちんと理解したうえで、上手に記帳代行を活用していきましょう。

 

記帳代行のメリット

 

記帳代行のメリットは4つあります。

 

コスト削減

 

記帳を外注すると費用がかかるイメージがあると思いますが、実は記帳代行のほうがコストを削減できる場合があります。

 

たとえば、経理担当者を雇用する場合、会社により異なると思いますが月に20〜30万円ほどの人件費がかかることがあります。
しかし、記帳代行であれば月に数万円の手数料で足りるため、人件費のコスト削減が見込めるのです。

 

ビジネスの効率化

 

記帳があることで業務負担が増え、本来の目的である営業や商品開発の時間が減ってしまっては本末転倒です。

 

会社の利益や売上に直結しない記帳業務をアウトソーシングするのも、ひとつの方法です。
記帳する無駄な時間を省くことがビジネスの効率化につながります。

 

節税対策の向上

 

記帳代行に依頼することで会計の正確性が上がり、納税額や通期の利益の予測がつきやすくなります。

 

予測がつくため事前に節税対策を考えることができるのです。
また記帳代行を行う税理士や会計事務所から節税についてもアドバイスを受けられる場合もあります。
さらに税務調査があった場合も、税理士などが税務調査のための準備を進めてくれたり、立ち合いをしてくれたりといったメリットもあります。

 

管理会計の向上

 

記帳代行では、1カ月単位の経営成績や財政状況を確定してくれる月次決算を行ってくれます。

 

月次決算を元に経営指標を確認したり、ビジネスの改善を図ったりなど、財務管理ができるようになります。
財務管理が可能となれば資金繰りもしやすくなり、銀行との交渉の一助にもなるのです。

 

記帳代行のデメリット

 

記帳代行のデメリットとしては、データをアウトソーシングしているため、すぐに経理データを閲覧できず、経理内容の把握に時間がかかる点が挙げられます。

 

ただ、各種クラウド会計システムを採用している記帳代行業者であれば、リアルタイムで会計データを供給でき、タイムラグなく経理内容を把握することが可能です。
また、オンライン上でのやり取りがメインのクラウド会計システムであれば、郵送や訪問などの手間を省けます。

 

そのほかにも、小さな修正を依頼しづらかったり、コミュニケーションが取りづらかったりといった点もデメリットとして挙げられるでしょう。

 

記帳代行の費用相場

記帳代行の費用相場は、「仕訳数により費用が変わる」場合と、「1時間あたりの料金制」の場合があります。

 

たとえば、「仕訳数により費用が変わる」税理士に依頼した場合は、1仕訳あたり50〜100円を1つの目安として、月額1〜3万円ほどかかります。

 

「1時間あたりの料金制」の経理アウトソーシングの会社であれば、たとえば2時間あたり1万円程度からの利用が可能です。

 

依頼する記帳代行業者により異なるため、事前にかかる費用を確認することをおすすめします。

記帳代行は検討する価値あり

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、記帳代行の特徴やメリットがご理解いただけたと思います。
人員不足やコスト削減など、目的に合った記帳代行を検討してみましょう。

 

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。
低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

 

トップへ戻る