経理アウトソーシング(代行)の料金・費用相場

 

会社の経理担当者が退職したときや、社員の手間や工数を減らしたいなどの理由から経理アウトソーシングを検討している方もいらっしゃるでしょう。
経理アウトソーシングを依頼する際に気になることは、やはり料金の相場や依頼できる内容ではないでしょうか。

 

そこで本記事では、経理アウトソーシングにかかる料金の相場や依頼できる内容などを紹介します。
経理アウトソーシングをしたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

経理アウトソーシング業者の種類

経理アウトソーシングを依頼する際は、まずは業者を探すところから始めなければなりません。
しかし、経理アウトソーシングにはさまざまな業者がいるため、どの業者に依頼すればよいのかわからないですよね。

 

経理アウトソーシングができる業者の種類は以下のようになります。

 

種類@経理アウトソーシングの専門業者

 

経理アウトソーシングを専門としている業者は、記帳業務から年末調整など、会社のあらゆる経理業務に対応しています。
依頼できる内容が幅広い傾向にあるため、業者によっては給与計算や決算書の作成、売掛金・買掛金の管理業務なども依頼できる可能性があります。

 

また、柔軟な対応ができるため、「年末調整と決算申告のみ依頼したい」といったように、依頼の内容が限定されている場合でも対応できる点も特徴です。

 

種類A税理士

 

税理士は、個人・法人の税務書類の作成や税務申告の代行などを行っている、税務の専門家です。
税理士事務所にも経理アウトーシングの依頼は可能であり、経理として会社と専属契約を結んでいるケースも多いです。

 

また、最近では個人で活動している税理士もいるため、業者の選択の幅が広いといった点も特徴だといえるでしょう。

 

種類B公認会計士

 

公認会計士が所属する公認会計事務所は、会社の財務諸表が適正かどうかを評価する「監査業務」を行っている専門家です。
公認会計事務所では、会社の会計帳簿や決算書の内容や金額に問題がないかを確認することが基本業務になっていますが、経理アウトシーシングを依頼することも可能です。

 

しかし、あくまでも会社の書類をチェックすることが基本業務になっているので、業者によっては経理のみの受注ができない場合や、依頼した際の料金が割高になる場合もあります。

経理アウトソーシングとして依頼できる経理の業務とは?

経理アウトソーシングを依頼するにあたって、料金だけではなくどのような経理の業務を依頼できるのかを把握しておきましょう。

 

ここからは、経理アウトソーシング業者に依頼できる主な経理の業務を紹介します。

 

業務@記帳代行

 

記帳代行とは、用意された会社の領収書や請求書、入出金の記録などの資料を元に帳簿を作成する一連の作業を、業者に依頼することを「記帳代行」といいます。

 

社内で記帳業務を行う際は、手間がかかることや入力ミスなどが生じる可能性がありますが、業者に依頼することで、手間や工数を削減しつつ経理業務におけるミスを避けられます。

 

そのため、記帳代行の業務を経理アウトソーシングの業者に依頼するというケースは多いです。

 

関連記事>>記帳代行とは?業務内容やメリット・費用相場

 

業務A給与代行

 

従業員に対して、支払われる給与計算の業務を外部に依頼することを、一般的に「給与代行」といいます。

 

給与計算を行う際は、出勤日数や勤務時間だけではなく、手当が付く残業時間や営業のインセンティブなども含めて計算をしなければなりません。
また、従業員ごとにデータを確認しながら作業を行うため、手間や工数がかかりやすいでしょう。

 

そのため、給与計算の時間を削減したいという思いから、給与代行を経理アウトソーシングの業者に多くの会社が依頼しています。

 

業務B決算書の作成や決算申告

 

損益の計算を四半期ごとに行う決算書の作成や、決算で産出された結果を元に税金を納める決算申告なども、煩雑で時間がかかる経理の業務です。
決算書の作成や決算申告は、やり方がわかりにくいだけではなく、データの入力ミスや計算の間違いなども許されない業務です。

 

そのため、ミスを起こさずに一連の業務を正確に依頼できることから、経理業務をアウトソーシングする場合もあります。

経理アウトソーシングを依頼する場合の料金の相場

経理アウトシーシングの業者に経理の業務を依頼すると、どのくらいの料金が発生するのでしょうか。
ここからは、経理アウトソーシングを依頼する際の料金の相場をケース別に紹介します。

 

ケース@記帳代行

 

記帳代行の料金は、取引を振り分ける作業である「仕訳数」によって変動することが一般的です。

 

1仕訳あたり約50〜100円が料金の目安とされているため、仕訳数が少ない場合は数千円程度で対応できるでしょう。
また、業者によっては仕訳が一定の数を超えた場合には、料金が割引されることや料金体系が変動することもあります。

 

ケースA給与代行

 

給与代行では、1人あたり約1,000〜2,000円が目安とされています。

 

ただし、給料が固定給とされている場合や、記帳代行も給与代行を同時に依頼する場合には、料金が割引できることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

ケースB決算書の作成や決算申告

 

決算書の作成や決算申告などの業務は料金の幅が広く、約5〜25万円が料金の相場とされています。

 

具体的には、経理アウトソーシング業者に依頼する場合は約5〜20万円、会計事務所や税理士事務所に依頼する場合は約15〜25万円が相場とされています。

 

また、決算書の作成か決算申告のどちらか片方のみを依頼する場合や、依頼する時期によっても料金が変動するので、事前に業者に料金体系を確認しておくとよいでしょう。

経理アウトソーシングを依頼するメリット

ここからは、経理アウトソーシングを依頼する主なメリットを紹介します。
もし、以下の点に魅力を感じた場合は、経理アウトソーシングを依頼することを検討してみましょう。

 

メリット@業務に専念しやすくなる

 

従業員の人数に対して経理の担当者が少ない場合や、経理の業務を本業と兼任している場合は、経理の業務の負荷が大きくなりやすく、本業に専念しにくくなることが考えられます。

 

しかし、手間や時間がかかる経理の業務をアウトソーシングすることにより、煩雑な作業から解放され、業務に専念 しやすくなるでしょう。

 

メリットAコストの削減につながる

 

会社で経理の担当者を雇用する場合は、当然のことですが毎月給与を支払わなければなりません。
それ以外にも、福利厚生や労働環境の整備なども提供しなければならないため、従業員の人数が少ない会社やコストを削減したいと考えている会社の場合は痛手になることでしょう。

 

しかし、経理アウトソーシングを依頼する場合は、必要なときだけ料金を 支払えば経理業務が行えます。
そのため、経理の担当者を雇用する場合よりも、コストが抑えられる可能性があります。

 

メリットB経理の業務の質がよくなる

 

給与計算や年末調整などの経理の業務は、入力ミスや計算ミスが生じることがあるため、大きなトラブルにつながることも 考えられます。

 

しかし、経理アウトソーシングの業者は経理のプロであり、高い経理の知識やスピーディな作業を強みとしているだけではなく、ミスをすることもほぼありません。
そのため、経理の業務における入力ミスや計算ミス、期日などを心配することがないといった点もメリットだといえます。

 

関連記事>>経理アウトソーシング(代行)のメリットとデメリット・業者の選び方

経理アウトソーシング業者の料金相場の目安は約5〜25万円

いかがでしたでしょうか。

 

経理の業務は煩雑なものが多く、手間や時間がかかりやすい傾向にあります。
しかし、経理アウトソーシングの業者に依頼することで、経理の業務における入力ミスや計算ミスがなくなるだけではなく本業に専念できます。

 

また、業者が設定している料金によっては、経理の人材を雇用した際の人件費よりも料金が抑えられるでしょう。
そのため、業者が対応できる経理の業務の種類とあわせて、どのくらいの料金で依頼できるのかも確認したうえで業者を選ぶことをおすすめします。

 

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

トップへ戻る