経理アウトソーシングのメリット・業者の選び方・注意点

経理は、会社を運営する上で欠かせない業務の一つ。
給与計算や年末調整だけでなく、決算申告や決算書の作成など数多くの業務があり、経理担当者の負担は計り知れません。
「経理担当者が退職してしまう」
「人手が足りない…」
「できるだけコストを削減したい」
このようなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そんなさまざまなお悩みを解決してくれるのが、「アウトソーシング」です。
経理においてのアウトソーシングとは、経理業務を一部または全部を担ってくれるサービスのこと。
委託業者によって業務内容は異なりますが、経理面をサポートしてくれます。
そこで今回は、経理のアウトソーシングについて詳しくご紹介します。
経理にお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。

外注できる経理業務内容

アウトソーシングに外注できる経理業務は、以下のようなものが一般的です。

 

主な経理業務内容
・記帳業務
・売上・売掛金の管理
・仕入・買掛金の管理
・月次決算
・年次決算
・給与計算
・年末調整

 

外注できる業務は、委託する業者によっても異なりますが、中には、予算計画や業務フロー構築などを行う業者もあります。

経理業務アウトソーシングのメリット・デメリット

 

会社の重要な役割である経理を委託することに不安を抱く方も少なからずいるはず。
アウトソーシングする上でのメリットだけでなく、デメリットも把握しておきましょう。

 

経理アウトソーシングのメリット

 

メリットは、以下のようなものがあります。

 

@コストの削減ができる

 

経理を委託すれば、今までかかっていた経理の人件費を削減することができます。
例えば、繁忙期には人手が必要になるため、人材育成を含めて大幅な人件費がかかってしまいます。
逆に閑散期には手が空くこともしばしば。
アウトソーシングを活用すれば、必要な時に適切な人員を確保することができ、人件費の削減へと繋がります。
それだけでなく、採用コストの削減も期待できます。
そのほか、業務コストの削減に繋がることも。
例えば、会計ソフトを使っている場合、アウトソーシングに任せれば会計ソフトは必要ないため、人件費の削減に加え、コストカットが可能です。

 

A人手不足の解消ができる

 

どの職場でも同じですが、経理担当者の退職や人事異動など、人手不足で悩むことがあるでしょう。
それ以外にも、少子化でなかなか人材が集まらなかったり、会社の規模拡大で業務量が増えたり、人手不足の理由はさまざま。
そんな時に、アウトソーシングを活用すれば、人手不足を解消することができます。
アウトソーシングは、必要な時に欲しい分だけ、経理の知識を持ったプロに任せることができます。
このように、急な人手不足の場合でも、迅速に人材を確保できるのがアウトソーシングの魅力です。

 

B不正や間違い防止にも繋がる

 

経理において、気をつけたいのが管理方法です。
経理担当者が会社の資金を着服していたなんてニュースを耳にしたことはありませんか?
会社の経理を限られた担当者に任せていると、不正をしていても気が付かないケースが少なくないのです。
そんな不正防止にも、アウトソーシングは役立ちます。
第三者目線で経理管理をしてくれるアウトソーシングは、経理面を可視化にすることが可能です。
そのほか、アウトソーシングを利用すれば、経理の間違い防止にも繋がります。
経理は、日々細かい数字と向き合う仕事のため、小さなズレが大きなミスを生み出すこともあります。
特に、経理に慣れていない人は、ミスをする確率も上がってしまうでしょう。
アウトソーシングは、経理の知識を持ったプロのため、的確に業務を行うことができます。

 

C業務品質の向上と経営のスピードアップ

 

アウトソーシングは、経理の知識や経験を豊富に持っているため、スムーズに業務を行うことができます。
自社で経理をまかなうと何らかの理由で業務が滞ってしまうこともあるかもしれませんが、アウトソーシングであれば滞りなく業務を行うことが可能です。
また、第三者目線でのチェックが入ることで、業務品質の向上へと繋がります。
経理に追われて本業まで手が回らないとお悩みの方も、アウトソーシングに任せれば、本業だけに力を注ぐことができるでしょう。

 

D改善案の提示をしてくれる

 

アウトソーシングは、さまざまな会社の経理を担当しているため、プロの目線で客観的な意見を教えてくれます。
委託する業者によって変動はありますが、他社の事例を学べたり、改善案を提示してくれたり、経営面でも役に立つでしょう。

 

経理アウトソーシングのデメリット

 

デメリットは、以下のようなものがあります。

 

@情報が外部に漏れる可能性もある

 

アウトソーシングに経理を任せると、必然的に会社のデータを外部へ出すことになります。
例えば、領収書などのデータを送付する際に、代行業者がなくしてしまったり、不正アクセスで情報が漏れてしまったり…。
このように、データの持ち出しや外部の情報漏洩など、セキュリティーのリスクも少なからず可能性があることを覚えておきましょう。

 

A委託する業務内容によっては割高になることもある

 

アウトソーシングに委託するとコストの削減になるとお伝えしましたが、業務内容によっては割高になる可能性もあります。
委託業者にもよりますが、業種や業態によって価格帯が異なることもあり、イレギュラーの場合は費用がかさむことも。
現在派遣社員を雇っている場合、社内の人員や派遣社員で補った方が低コストで済むこともあります。

 

B社内の人材育成に繋がらない

 

アウトソーシングに経理を任せるということは、社内の経理担当を必要最小限に絞ることができますが、社内の人材育成には繋がりません。
特に、すべての経理業務を一任している場合は、社内に経理のノウハウを培うことは難しいでしょう。

経理業務をアウトソーシングする際の注意点

アウトソーシングをする際は、以下の注意点を頭に入れておきましょう。

 

@イレギュラーの対応が難しい場合もある

 

会社を運営する中で、どうしてもイレギュラーの対応が必要となるケースもありますが、経理をアウトソーシングする場合、その対応が難しくなってしまいます。
なぜなら、委託業者の判断で勝手に処理をする訳にはいかないため、毎回確認作業が必要になってしまうからです。
結果的に、社内の業務が増えてしまうことにもなりかねないので、注意しましょう。

 

A担当者が入れ替わることもある

 

経理のアウトソーシングも数多くの人員で運営しているため、担当者が入れ替わってしまうこともあります。
必ずしも担当者がずっと同じであるとは断言できませんので、注意しましょう。

 

Bタイムラグが生じることもある

 

社内で経理を処理していれば、「これって経費で処理できますか?」など簡単に質問ができますが、アウトソーシングに任せると、このようなやりとりにもタイムラグが発生してしまう可能性があります。

 

経理業務をアウトソーシングする業者の選び方

 

経理をアウトソーシングする際は、どこの業者に任せるのかがとても大切です。
業者選びで気をつけるべきポイントをご紹介しますので、参考になさってください。

 

@委託できる業務の範囲を確認する

 

経理と言っても、業務内容は幅広く、どこまで任せるのかで業者選びは変動します。
例えば、給与計算や記帳などの「単純作業」や、経理のすべてをまかなう「経理業務全般」など、委託業者によって業務内容はそれぞれ異なります。
業者を選ぶ際は、どの部分を委託し、その部分を自社で補うのか、あるいはすべてを任せるのか、はっきりさせた上で検討するようにしましょう。

 

Aセキュリティーの安全性を確認する

 

経理をアウトソーシングする上で、とても重要なのがセキュリティー面です。
専門のサーバーの活用や、パスワードの暗号化など、不正アクセス防止のための対策が徹底されているのか確認しましょう。
また、情報が紛失しないよう、バックアップを行っているのか、事前にチェックしておくとより安心です。

 

B専門スタッフが在籍しているのか

 

経理のアウトソーシングの中には、公認会計士や税理士が在籍していない業者もあります。
専門スタッフがいない場合、決算業務をはじめとする専門知識が必要な処理は行えず、簡単な記録作業のみを行うところがほとんど。
専門スタッフが在籍していれば、幅広い業務を頼めるだけでなく、豊富な知識と経験を持つプロに任せられるという安心感にも繋がります。
ただ価格が安いからと安易に業者を選ばないように気をつけましょう。

 

 

C納期・期日をきちんと守ってくれるのか

 

納期や期日を守ることは当たり前だと思ってしまいますが、実は月末や年末などの繁忙期に納期が遅れてしまうことも少なくないのです。
もちろん、すべての業者が納期や期日を守らない訳ではありませんが、そういうリスクもあることを知った上で業者選びを行いましょう。

 

また、どのような業者なのか第三者目線で知りたい際は、業者に対するレビューや口コミを見るといいでしょう。
「繁忙期でも迅速に対応してくれた」「納期や期日はきちんと守ってくれる」など、利用する側の意見を知ることができます。
経理は、どうしても繁忙期が重なってしまうからこそ、納期や期日の面も予めしっかり確認しておくと安心です。

 

Dスタッフが常駐できるのか

 

経理をアウトソーシングする際、迅速に対応してもらえるのか気になりませんか?
企業によって異なりますが、中には経理スタッフが会社に常駐するところもあります。
「イレギュラー対応が多い」「より迅速に対応してほしい」。
そんな希望をお持ちの方は、スタッフが在中する業者を選ぶことをおすすめします。

 

経理業務をアウトソーシングして効率化を!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、経理のアウトソーシングについてご理解いただけたと思います。
当社では、経理のアウトソーシングを承っておりますので、経理にお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

 

トップへ戻る