決済代行とは?メリットとデメリット・相場

今日では様々な決済方法があり、ここまで普及したのは決済代行のおかげと言っても過言ではありません。そこでこの記事では、決済代行のメリットとデメリット、経理代行の相場について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

決済代行とは

決済代行とはなんでしょうか。決済代行とは、様々な決済手段を一括で契約し、監視システムを提供するサービスのことです。具体的には、決済代行には以下のようなものがあります。

 

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • ネット銀行決済
  • 電子マネー決済
  • QRコード決済系
  • 代引き決済
  • ウォレット決済
  • スマートフォンキャリア決済
  • 後払い決済
  • プリペイド決済
  • 銀行振込
  • 口座振替決済

 

このように決済方法を見てみると、様々な決済代行が身近な存在になっていることが分かります。

 

では、決済代行はどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。簡単に解説すると、決済代行は「決済代行会社」「加盟店」「決済機関」で成り立っています。決済代行会社は加盟店と決済機関の間に立っていて、手続きの代行や売上入金管理の一元化、セキュリティ対策などを行なっています。

 

例えば、クレジットカード会社には4大ブランドと呼ばれているAmerican Express 、Visa、Mastercard、JCBといった会社があります。もし決済代行を使わずにこの4種類のクレジット決済を導入すると、各社と直接交渉する必要があります。各社はそれぞれ独自の決済システムを持っているので、ひとつ対応していては大変です。そこで決済代行会社に任せることで、それぞれの契約手続きを代行してくれるのです。

決済代行のメリット

決済代行のメリットは、導入時、運用時にそれぞれ存在しています。

 

導入時

面倒な作業を省略できる

 

決済機関に応じた決済システムの利用が可能

運用時

バージョンアップやシステム保守が不要

 

入金管理を一本化できる

 

導入時のメリットは、面倒な作業を省略できることです。決済機関に応じて契約をおこない、情報を管理するといった工程が発生しません。また、決済代行会社が提供するシステムを利用できるので、独自でシステムを導入する必要があります。

 

そして運用時のメリットは、バージョンアップやシステム保守が不要であることです。決済代行会社がシステム管理を行うので、安心・安全です。また、入金管理を一本化できると入金のタイミングが揃うので、入金管理を簡易化できます。

決済代行のデメリット

決済代行には1点デメリットがあります。それは、決済機関と決済代行会社へ手数料を支払うため、2種類の手数料が発生することです。

 

決済代行サービスを使用しないときでも、決済機関への手数料は発生します。そして決済代行サービスを利用して面倒な手続きを代行してもらい、決済機関に対応しているシステムを利用させてもらうことで、手数料が発生するのです。

 

ただ、決済代行サービスで得られるメリットと天秤にかければ、手数料は負担にならないかもしれません。そこで次の見出しでは、決済代行サービスの手数料の相場を見ていきましょう。

決済代行サービスにかかる手数料の相場

では、決済代行サービスを利用すると、どれくらい手数料がかかるのでしょうか。初期費用、決済手数料、月額手数料の相場は以下のようになっています。

 

初期費用 30,000〜80,000円
決済手数料 決済金額の2〜10%
月額手数料 3,000〜8,000円

 

初期費用は、店舗やECサイトなどに利用する決済システムを導入するための費用です。決済システムの多くが決済代行会社のサービスとして提供しているものなので、30,000〜80,000円のシステム費用がかかることが多いです。ただし、決済代行会社やプランによっては、初期費用が無料になることもあります。

 

決済手数料は、決済金額に応じてかかる手数料です。決済金額が大きいほど手数料が多くなる仕組みになっていて、支払い方法によって手数料は異なっています。例として、以下のように支払い方法によって若干異なります。

 

  • コンビニ決済……決済金額の2%〜5%前後
  • 電子マネー……3%〜4%前後
  • クレジットカード決済……3%〜10%前後

 

サービスや販売スタイルによって、よく用いられる決済方法は異なっています。そのため、契約の際はどの決済方法が必要か、それぞれの決済方法の手数料がどれくらいかなどを確認しておくといいでしょう。

 

そして、月額手数料は決済件数や決済金額とは関係なく毎月かかる手数料です。月額手数料にはシステムの利用料や、クレジットカード情報や個人情報など、顧客データを管理するための費用が含まれています。3,000〜8,000円が相場ですが、決済代行会社によっては月額手数料がかからないこともあります。

まとめ

この記事では、決済代行について解説していきました。決済代行には、クレジットカード決済やコンビニ決済のように、様々な種類の決済方法があります。
決済代行を活用すれば、複数の決済機関と1社ずつ契約する手間を省くことができ、決済機関ごとに対応したシステムを利用することも可能です。
ただし、決済代行会社に支払う手数料が発生します。そのため、決済代行導入を検討する際は、手数料に見合ったサービスが受けられるかどうか確認しておきましょう。

 

決済代行サービスのように、外部リソースは有効に使うことで会社の発展に寄与します。特に社内にその業務に割くリソースやノウハウがない場合に重宝するでしょう。
社内の人材リソース確保に課題をお持ちの方は下記記事をご覧ください。
アウトソーシングとは・人材派遣との違い・メリットとデメリット

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

 

トップへ戻る