IPOとは?メリット・デメリット

IPOとは

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で、「新規公開株」や「新規上場株式」のことを意味しています。具体的には未上場企業が株式を新規で証券取引所に上場させることで、投資家が株を取引できるようにすることです。

IPOのメリット

では、企業がIPOを行うとどのようなメリットが発生するのでしょうか。ここからは、企業の視点からIPOのメリットを紹介します。

 

資金調達をしやすくなる

IPOには、資金調達をしやすくなるというメリットがあります。これは企業にとって大きなメリットで、新しく株を発行することで株式市場から資金調達ができるようになります。

 

また、IPOが成功すると企業の信頼度が高まり、融資を受ける可能性も広がります。というのも、IPOを行うには取引所が設けている基準を満たすことが必須だからです。その基準には、事業継続年数や株式単位数、株主数などが設定されています。そのため、IPOは融資を受けるという点でもメリットになります。

 

資金調達には、専門的なノウハウあり、業務工数も大きくかかってしまいます。
資金調達を行いたくても人材リソースが足らない場合にはアウトソーシングサービスが便利です。
興味のある方は、資金調達代行サービスについてまとめた記事をご覧ください。
資金調達代行とは?メリットとデメリット

 

認知度が高まり新規顧客が増える

また、IPOを行うと認知度が高まって新規顧客が増えます。企業の知名度を向上させる手法は様々ですが、IPOをきっかけにして認知された企業は信頼度が高いです。知名度が向上すると新規取引の拡大にもつながるので、結果的に大きなメリットになるでしょう。

 

志望度の高い人材が集まる

そして、IPOを行うと志望度の高い人材が集まるというメリットも存在します。これは意外なメリットかもしれませんが、企業にとっては注目すべきリターンとなります。昨今では様々な人材採用方法があり、求人情報誌や求人サイトに掲載することで企業はコストを支払うことになります。しかし、IPOを通じて知名度を高めていけば、直接的にコストが発生することはありません。また、人材の多くがその企業で働きたいと思って集まってくるでしょう。

IPOのデメリット

一方で、IPOを行うことでデメリットも発生します。IPOの準備を始めてから、またIPOを行ってから後悔することがないように、あらかじめデメリットについても把握しておきましょう。

 

上場準備に時間がかかる

IPOを行うことのデメリットには、上場準備に時間がかかるというポイントがあります。上場の準備には5年前後の年数が必要だと言われていて、上場までには以下のような工程が必要です。

 

  • 主幹事証券会社や監査法人の選定
  • 監査法人への中間審査準備
  • 外部からの人材確保

 

上場に必要な準備費用がかかる

IPOには上場するのに必要な準備費用がかかるというデメリットもあります。企業の規模にもよりますが、IPOを行うと準備には少なくても数千万円程度かかるとも言われています。IPOは必ず成功するわけではないため、コストが増大してしまうという特徴は把握しておくべきデメリットです。

上場後にリスク・代償が発生することも

そして、IPOには上場後にリスク・代償が発生するというデメリットもあるのです。上場後に発生すると考えられるものは、以下の通りです。

 

  • 買収されるリスク
  • 上場を維持するためのコスト

 

まず、株式上場が行われるということは、株式市場で自社株が自由に取引されるということです。すると、必ずしも株主が自社にとって理想通りになるとは限りません。そのため、自社が望まない相手に会社を買収されてしまう可能性もあります。

 

また、一度上場したらそれで完了というわけではありません。上場すれば維持するためには費用がかかります。例えば、準備の際に強化した管理部のコストや、定時株主総会を開くのに必要な費用、監査に必要な経費など、上場する前では発生しなかった費用もあります。上場してから困らないよう、あらかじめ想定しておきましょう。

IPO投資の仕組み

IPOの特徴を生かした投資方法は、「IPO投資」と呼ばれています。新規上場時の公募価格は、売れ残りが出ることを防ぐために格安に設定されることが多いです。そして上場後になると値段が上がりやすくなります。こうした特性を生かすと、投資家は公募価格でIPO株を購入し、値段が上がる上場後に売却することで利益を得られます。

まとめ

この記事では、IPOについて紹介していきました。IPOとは新規公開株のことで、IPO投資では公募価格でIPO株を購入し、上場後に売却することで利益を得られます。IPOには資金の調達が可能になる、知名度が上がると新規取引が増える、そして人材採用の質が向上するというメリットがあります。ただし、上場準備に時間やコストがかかるデメリットもあります。デメリットを把握した上で、IPOに挑戦してみてください。

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

トップへ戻る