経理とは?業務内容や書類の種類

経理業務は事業を行なううえで欠かすことができないものの一つです。
経理は、売上や仕入れ、経費の計上など、お金の流れを正確に把握して管理するのが主な仕事であり、日々の記帳から年に1度の決算書の作成までと幅広い業務が存在します。
経理によって管理・数値化されたお金の流れを元に、経営判断を行なうことになるため、会社を支える縁の下の力持ちと言えるでしょう。
この記事では、経理の業務内容や扱う書類などについて深堀りをしていきます。
経理と似た会計や財務との違いについても解説していますので、経理業務に興味がある人にとって役立つ内容でしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

経理とは

経理とは、事業で発生したお金の流れを数値化する仕事です。
売上や仕入れ、給与計算、資産売却など、さまざまな会計をルールに則って処理。
併せて会計システムへの入力や伝票の整理・管理なども行います。

 

事業を行なううえで大切なことは「利益」や「資産」を生み出すこと。
利益や資産を生み出すには、お金の流れをしっかり把握し管理することが大前提となります。
それを実現するために必要となるのが経理なのです。

会計や財務との違い

お金を扱う仕事として、会計や財務を思い浮かべる人も多いでしょう。
経理とは会計業務の一部を指すもので、財務は経理が用意した資料を元に資産調達や資産運用を行ないます。
一方経理は、日々の売上や仕入れなどの記帳や給与計算、決算書作成などをメインに行う仕事です。

 

会社によっては経理担当者のほかに、会計担当者や財務担当者を配置しているケース、中小企業などでは1人がすべてを担っているケースもあります。
いずれにせよ、経理と会計、財務の連携が会社経営には欠かせないのです。

 

この3つの使い分けを覚えておけば、お金にまつわる役割の違いが理解しやすくなります。
ここでは会計と財務の概要について解説しましょう。

 

会計とは

 

会計は経理と同じく、「お金や品物のやりとりや出入りを記録する」のが主な仕事です。
会社の会計であれば、売上や経費などの支出を管理する必要があるため、規模の大きい会社であるほど会計業務が増えることになるでしょう。

 

法人における会計は「管理会計」「財務会計」の2種類にわけられます。
管理会計とは、会社の経営状態を把握するためのもので、経営方針を決定することを目的としたものです。
社長や役員などの社内向けの内容であり、特定のフォーマットは存在しないことが多いため、作成時には必要な情報を取捨選択する能力が求められるでしょう。

 

財務会計とは、会社の活動成果を財務諸表などにまとめ開示することを目的としたものです。
株主や融資を受けている銀行などの利害関係者向けの内容であるため、特定のフォーマットに従って書類を作成する必要があります。

 

財務とは

 

財務とは「これから使うお金」を管理する仕事です。
経理が「これまでに使ったお金」を管理することを目的とするため、まったく逆の仕事といえるでしょう。

 

財務の主な仕事は資金調達や資金運用です。
銀行と融資交渉をする場合や投資およびM&Aなど資産運用を行なう際、経理が作成した損益計算書や貸借対照表、決算書、事業計画などを元に財務が実際の活動を行います。

 

経理や会計が現状を把握するための業務であれば、財務は現状を理解したうえで、具体的な行動に移す業務と言えるでしょう。

経理の業務内容

経理業務は、日々の仕訳から伝票の起票、振込手続き、各種伝票や書類の作成など多岐におよびます。
多くの会社では会計ソフトや専用の会計システムを使用し、日々発生する入出金を複式簿記により数値化していき、最終的に決算書を作成します。

 

扱う金額は数百円程度から数億円以上と事業規模によってさまざまですが、間違いの許されない業務です。
日々の仕訳や記帳において誤りがあれば、決算書の数字が合わなくなり、納税額が相違するという大きな問題につながります。
財務諸票や決算報告などの数値に誤りがあれば、会社の信用を損ないかねません。
よって経理業務は、コツコツ地道かつ正確に仕事をこなすことが求められます。

 

経理業務は営業活動のように目に見える形で評価がされにくいことから、経理担当者によってはモチベーションを維持するのが難しいといった現状があります。
また、一人親方や従業員の少ないベンチャー企業などで営業活動と経理業務を兼任している場合は、経理業務に追われ本業がおろそかになりがちです。
経理業務は正確さはもちろん、簿記や税金、社会保険といった幅広い知識と専門性が求められることから、自社内で経理業務を完結するのが難しいようであれば、経理のアウトソーシングの利用がおすすめです。
経理を外部に依頼することで、本業に集中することができるでしょう。

 

ここからは経理業務を可視化すべく、一般的な会社における経理担当者の1日の仕事の流れを、閑散期と繁忙期(決算期)の2パターンにわけて紹介します。

 

経理の1日の流れ(閑散期)

 

決算期から遠い時期や処理事項の少ない月中が閑散期であるケースが多いです。

 

閑散期の1日の流れは次のとおり。
出社
午前の仕事1:小口現金の準備
午前の仕事2:従業員の経理精算や仮払金の処理
お昼休憩
午後の仕事1:入出金の確認
午後の仕事2:データ入力、伝票の作成
午後の仕事3:現金残高の照合
午後の仕事4:伝票などのファイリング
退社

 

当日使用する現金の用意からはじまり、日々の記帳を行います。
書類整理やファイリングなどの優先順位の低い業務は閑散期に行なうと効率的です。

 

経理の1日の流れ(繁忙期)

 

決算期や年度末、月末など処理事項の多い時期が繁忙期のケースが多いです。
ここでは決算期を例に記載します。

 

繁忙期の1日の流れは次のとおり。
出社
午前の仕事1:小口現金の準備
午前の仕事2:従業員の経理精算や仮払金の処理
お昼休憩
午後の仕事1:決算書類の作成
午後の仕事2:データ入力、伝票の作成
午後の仕事3:現金残高の照合

 

日々のルーティン業務をこなしつつ、決算書類の作成業務が加わります。
事業規模や関連する部署が多いほど業務量は膨れ上がる傾向にあり、業務担当者の人数にもよりますが、繁忙期の多くは所定の労働時間を超えて仕事を行なうことが多いでしょう。

 

経理の日次・月次・年次業務

会社では経理部を設け、経理担当者を配置しいていることが多いです。
会社の経理担当者は事業規模や業務内容によって人数は異なり、中小企業などでは1人で担当していることも珍しくありません。
給与計算などの労務関係は総務部や人事部が対応し、振込のみ経理部が対応しているケースなど、会社によって役割分担はさまざまです。

 

基本的に経理業務は「日次業務」「月次業務」「年次業務」3つにわけることができます。
それぞれの業務内容について見ていきましょう。

 

日次業務

 

日次業務とは、日々の取引を数値化して記録する業務です。

 

主な日次業務の内容は次のとおり。
・入出金の管理
・経費精算
・領収書や伝票の作成や整理
・仕分け処理や記帳

 

月次業務

 

月次業務とは、1ヶ月単位で発生する業務です。

 

主な月次業務の内容は次のとおり。
・従業員の給与や社会保険の計算
・帳簿の月締作業
・売上の請求処理
・支払い処理や入金処理
・住民税、源泉所得税の納付

 

年次業務

 

年次業務とは、1年単位で発生する業務で、法令で定められた期日や決算月に合わせて行われます。

 

主な年次業務の内容は次のとおり。
・社会保険の算定基礎届提出
・従業員の賞与計算・振込
・中間税務申告
・年末調整
・実地棚卸
・決算処理・確定申告や納税

経理が扱う書類の種類

経理では会計に関する書類を多く取り扱いますが、特に処理頻度の高い「伝票」と「帳簿」について詳しく解説します。

 

伝票(会計伝票)

 

伝票とは、お金や物品の取引内容を記録・管理するもので、所定のフォーマットに則って作成します。
伝票には、「いつ(日付)」「だれ(取引相手)「いくら(金額)」「何を(但し書きや品名)」を明確に記載することが必要です。

 

現金の取引で使用する入金伝票・出金伝票

 

金銭の受け渡しが発生し会社の現金が出入りする取引が発生したら、入金伝票および出金伝票を使用します。
商品を販売し金銭を受け取ったら入金伝票、商品を購入し金銭を支払ったら出金伝票の発行が必要です。

 

現金以外の取引で使用する振替伝票

 

振替伝票は、手形や掛仕入などの現金が関わらない取引時に使用します。

 

掛け払いなどで使用する売上伝票・仕入伝票

 

売掛金と買掛金で売上や仕入れ処理を行なう場合は、売上伝票および仕入伝票を使用します。
掛け払いで入金が後日発生する場合や、翌月に支払いが発生する場合などに発行が必要です。

 

帳簿

 

帳簿とは「仕訳帳」と「総勘定元帳」の総称であり、会計処理を目的として記録・管理する書類として会社が行った取引をもれなく記載することが必要です。
決算書作成の元となるもので、作成した帳簿は7年間保存が義務付けられています。

 

仕訳帳は、会社が行ったすべての取引を発生した日付順に記載、総勘定元帳は仕訳帳に記載されている取引を勘定科目ごとにまとめたものです。

 

経理は会社を支える重要業務

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、経理業務ついてご理解いただけたと思います。
経理業務は会社経営を支える重要な仕事です。
経理に関心のある人は参考にしてください。

 

 

株式会社RSTANDARDでは、経理をはじめとする会計、税務、人事の代行・アウトソーシングサービスを提供しております。
即日での対応が可能であるとともに、経験豊富な正社員が経理担当者や責任者の枠をしっかりとカバーいたします。

 

低価格の常駐型・訪問型の経理アウトソーシング・代行ならRSTANDARDへお任せください。

トップへ戻る