経理アウトソーシング(委託)概要

 経験豊富なプロフェッショナルがクライアントの経営視点にたって低コストで高品質の経理アウトソーシング(委託)を実施いたします。当社の経理業務無料診断ツールによって効率的な業務運用のご提案をいたします。急に責任者やスタッフが辞めてしまった場合など短期対応・即日対応もいたします。経理実務のプロが業務をするだけでなく、貴社の経理業務の品質や生産性の向上も提案させていただいております。

 

経理アウトソーシング・代行のメリット

経理業務のアウトソーシング・代行・外注の5つのメリットをお伝えいたします。

 

関連記事>>経理アウトソーシングのメリット・業者の選び方・注意点

 

人件費を削減できる

経理業務のアウトソーシングを行うことで、人件費の削減につながります。
とくに経理の経験がない社員が独学で行ってしまうと、ミスや間違いが起こる可能性が高いうえ、作業に時間がかかります。
それよりも有能な人材にアウトソーシング(代行)してもらうことで、経営資源を適切に振り分けましょう。

経理のプロを確保できる

スタートアップ企業や経理担当者が辞めてしまったばかりの会社などにおいては、経理のプロをなかなか確保できないといった悩みもあると思います。
アウトソーシング(代行業務)を活用すれば、経理のプロを簡単に確保できます。

 

素人が独学で経理を勉強するのは、間違いのもとです。
会社の正しい利益を把握できないだけでなく、脱税などの問題に発展してしまう可能性も出てきます。

 

そのような事態を起こさないためにも、信頼できる経理のプロに一任することをおすすめします。

本業に専念できる

本来別の業務に当てるべき人材に、「担当する人がいないから……」といった理由で、経理業務を任せていませんか?
たまに経営者やほかの部署の方が兼任しているケースもありますが、その方の負担は大きくなりすぎていないでしょうか……?

 

そのような場合は、アウトソーシング(外注)がおすすめです。
手間暇のかかる経理業務をプロに任せることで、各社員は能力を最大限発揮できる業務に時間を割け、業務効率をアップできます。

不正防止に直結する

アウトソーシングは、社員の不正防止にも役立ちます。
会社の金銭の支出管理を担う経理業務。
零細企業などの場合、一人で担当していることも多く、その際、簡単に着服できてしまうこともあります。

 

担当者以外、会社の経理の中身を誰も把握できていない……。
そのような会社は注意が必要です。
すぐさまアウトソーシングを検討し、不正防止に努めましょう。

法律改正のたびに知識を取得しなくてよい

毎年のように税制は変わります。
そのたびに、経理部門は知識を得なくてはなりません。
毎年、毎年勉強し続ける大変さを感じている方もいるでしょう。

 

また法改正の情報を入手しそびれたら、正しい財務諸表を作成できません。
会社の財務を的確に処理するためにも、経理はプロに任せることをおすすめします。

経理アウトソーシング・代行のデメリット

経理アウトソーシング(代行・外注)の5つのデメリットをお伝えいたします。

 

処理に時差が発生する

アウトソーシングを活用すると、伝票や領収書などの書類・帳票の送付などに手間がかかり、タイムラグが発生してしまう可能性が出てきます。

 

しかし担当者が社内に常駐するなど、やり方によっては、社内業務と変わらないスピード感で対応できることもあります。

 

リアルタイム性を重視するのであれば、アウトソーシング会社の対応方法やネットワーク環境、利用システムなどをしっかりチェックしておきましょう。

イレギュラー対応ができない

緊急時にイレギュラーな対応ができないことも、アウトソーシングのデメリットかもしれません。
緊急事態に備えて、日頃から何か起きたときは、どのくらいで対応してもらえるのかを把握しておきましょう。

社員育成ができない

社員育成できないのも、経理業務アウトソーシングのデメリットといえるでしょう。
経理業務をずっと外部に委託し続けることに抵抗のある方は、業務マニュアル通りにアウトソーサー(代行会社)がしっかりやっているかチェックする作業などを、盛り込むことをおすすめします。

 

外注する前に、業務マニュアルや業務フローを整えておくと、いざアウトソーシング先が使えなくなったときも、すぐさま社内で対応できるようになります。

情報の外部流出の可能性がある

経理の情報を外部に流出させることに、不安を感じている方もいるでしょう。
アウトソーシングをきっかけに、情報漏洩してしまうかもしれません。

 

情報漏洩のリスクを減らすには、安心できる会社に依頼するしかありません。
価格だけで委託先を決めていませんか?
委託先の情報管理の方法について詳しく聞いたり、担当者と密にコミュニケーションをとったりするなどして、信頼できる会社に外注しましょう。

経費処理重複の可能性

アウトソーシングの割り当ての範囲がはっきりしていないと、現場の事務と外注先とで経理処理が重複してしまう可能性も出てきます。
重複をなくすためにも、どこまでが委託先の仕事で、どこまでが現場の仕事か。
明確にしておきましょう。

経理アウトソーシング(委託)業務一覧

<経理アウトソーシング(委託)業務一覧>

売上・売掛金

請求書・領収書の発行、売上集計・売上分析・仕訳作成、売掛金入金消込・仕訳作成、取引先別売掛金残高管理

仕入・買掛金

請求書のチェック、仕入集計・仕訳作成、買掛金支払消込・仕訳作成、取引先別買掛金残高管理

経費精算

立替経費申請書と証憑の照合、稟議書と請求書の照合、経費集計・仕訳作成、ワークフローの一次承認、支払予定表作成、EBデータ作成

月次決算

月次決算仕訳作成、債権債務残高管理、勘定科目明細書作成、月次増減分析資料作成

年次決算

決算スケジュールの作成、年次決算仕訳作成、残高確認書の作成、監査法人対応

税務業務

税務基礎資料の作成、各種税計算、年間納税予定表の作成、税理士事務所対応

連結決算

内部取引等の集計、連結仕訳作成、連結精算表作成、連結PL、連結BS、連結CF作成

開示業務

開示基礎資料の作成、会社法決算書の作成、決算短信の作成、四半期報告書の作成、有価証券報告書の作成

IPO支援

課題抽出・対応、諸規程作成、証券会社対応、監査法人対応

内部統制

フローチャート作成、業務記述書作成、RCM作成、内部統制構築

業務フロー構築

業務フロー分析、業務フロー改善・構築、業務フローチャート作成、業務運用支援

予算計画

中期計画(案)作成、年度計画(案)作成、部門計画(案)作成、予算実績分析資料作成

システム導入

最適システムの比較分析、システム導入支援(短期導入)、システム運用支援(生産性向上)、システム運用フォロー

経営資料作成

取締役会資料の作成、全社業績報告資料の作成、部門別業績報告資料の作成、経営ダッシュボードの作成

KPI運用

KPI項目設定支援、KPIデータの抽出、KPI帳票の作成、KPI運用支援

管理部門の外注

管理部門の全請負、管理部門の生産性向上、管理部門の内製化支援、管理部門の運用サポート

※上記の他、バックオフィスのすべての業務について対応が可能です。
お気軽にご相談ください。

 

関連記事>>経理アウトソーシング業者を選ぶ際の比較ポイント

経理アウトソーシング(委託)サービスの特長

 当社の経理アウトソーシングは、ベンチャー企業・IPO準備企業・上場企業などの広範な企業の経理を経験した社員や会計士・税理士がクライアントのニーズに対応いたしますので、高品質なサービスを提供いたします。
 経理業務の全てまたは一部分をアウトソーシングすることで、業務品質の向上、コスト削減、付加価値向上が可能となります。また、当社では基幹システムなど様々なシステムと経理業務の連携ノウハウを蓄積しており、近代化した経理業務の提案、戦略業績レポートの提案・提供をいたします。

 

現状の課題分析

現状の経理業務の課題を発見・抽出することはとても困難です。当社では、IPO準備経験で培ったノウハウをもとにクライアントの現状課題をスピーディーに分析します。

即日対応

お急ぎの際は即日お見積もりをご提出させていただき、ご依頼いただいた日の翌日から業務を開始いたします。経理スタッフの急な退職や決算処理の緊急対応など突発的な人員不足が生じた場合でもご対応させていただきます。1週間など短期のご依頼も可能です。
緊急のご依頼:翌日からご対応いたします。

正社員対応

当社では正社員である経理マネジメント経験者や経理実務経験者が直接対応いたしますので、長期的なご依頼にとても安心です。

専門家対応

上場企業の決算業務や開示業務など専門的領域では、監査経験豊富な公認会計士や税理士がサポートいたしますので、とても安心です。

システムノウハウ

当社では、会計システムをはじめ、ERP・販売管理システム・購買管理システム・経費精算システム・ワークフローシステム勤怠管理システムなどの周辺システムの構築経験が豊富なスタッフが多数在籍しており、経理業務との連携にも安心です。

フルアウトソーシング

当社では、上流工程から経理業務、そしてレポーティングまで広範な業務をフルカバーいたします。特に当社のKPIレポーティングは「欲しい情報」を「すぐに」提供することで定評がございます。

低価格

当社の価格設定は、業界水準と比較して低価格を実現しています。その理由は、当社のノウハウを駆使して効率的に業務を遂行できるためです。是非、料金比較をしてみてください。

高品質

当社のスタッフは、経理業務に関する高度な教育を毎月受講しています。常にクライアント先において高品質な業務を遂行できるよう準備しています。

クラウド会計

各種クラウド会計システムによる情報共有サービスを行っておりますので、クライアント企業様に会計システムが無い場合でもご心配いりません。付加価値の高い経営ダッシュボードが見たいなど、貴社の経営ニーズにあったクラウド会計システムを選定することができます。

 

経理アウトソーシングの費用

基本料金(消費税別) 2時間あたり9,800円(1時間超過ごとに+4,900円)

 当社の料金体系は、各種業務1件ごとにいくらという設定ではなく、時間当たりの料金制となっております。効率化した仕訳作成や請求書発行等を行っておりますので、他社で100仕訳20,000円等の設定がある業務でも、当社の基本料金の9,800円に収まるケースが多くなっています。見積比較でご確認ください。

 

経理常駐型・訪問型サービスも対応しております。

 経理常駐型・訪問型サービスはこちら(別ページに移動します)

経理アウトソーシング(委託)実施までの流れ

STEP1 お問い合わせ (初回のみご相談料無料)
当社の経理アウトソーシング(委託)サービスに興味を持たれましたらお気軽にご相談ください。

※メールでのお問い合わせの場合は1営業日以内にご連絡させていただくよう努めております。

STEP2 お打ち合わせ
御社へ訪問し、現在の業務内容のヒアリングをさせていただきます。

 

STEP3 御見積・ご提案
ヒアリング内容を元に、お客様のご要望に沿った最適なプランをご提案いたします。

 

 

経理アウトソーシングのQ&A

    A 1日単位から業務を実施いたします。

    A 即日対応できるようリソースを確保しています。

    A 他部署対応・電話応対・来客対応・給与計算対応など幅広く対応いたします。

    A 現状の経理業務を把握させていただいた後に効率化の提案をさせていただいております。

    A 経理部長経験のあるスタッフが対応させていただきます。

    A 通常の経理アウトソーシング内で業務マニュアルを作成いたします。

    A 対応可能です。上場準備・監査対応・主幹事証券対応・業務プロセス構築・内部統制構築・各種規程作成などの経験のあるスタッフが対応いたします。

    A 当社では、クライアントの業務について担当者以外にマネージャーが把握しており、担当者が退職しても円滑に業務を推進できる体制をとっています。

    A 数多くの会計システムリプレイスを経験したスタッフが対応いたします。

    A 経費精算システムと会計システムの連携・構築をいたします。

    A ワークフローシステムと会計システムの連携・構築をいたします。

    A 業務品質は担当者の能力に一番左右されます。当社では業界最高水準の教育研修を実施していますので安心です。

 

経理アウトソーシング(代行)と税理士の違い

経理アウトソーシングと税理士の明らかな違いは、税務代行ができるかどうかという点にあります。
税務代行とは、決算申告などの税務申告や税務関連の書類作成をすることです。
言ってしまえば、基本的な記帳代行業務ついては、いずれに委託してもサービスに違いはありません。
しかし、税務申告や税務書類など、いわゆる「税務代行」と呼ばれる業務に関しては、税理士の独占業務となるため、経理アウトソーシングではカバーできないのです。
一方で、それ以外の一般経理業務となると、対応してくれる税理士事務所はほとんどないのが実情です。
そのため、経理アウトソーシングと税理士は異なるものとして考えると分かりやすいでしょう。
中にはまとめて代行してくれる税理士事務所も無くはないですが、基本的には顧問税理士に加えて経理アウトソーシングと契約する形になります。

 

経理アウトソーシング・代行の注意点

経理アウトソーシング(代行・外注)を利用する際の2つの注意点をお伝えいたします。

 

セキュリティ面の不安を解消しておく

経理業務を丸投げしたいけど、情報流出などセキュリティ面に不安を抱える方も少なくないと思います。
情報漏洩を防ぐためには、高いセキュリティレベルを誇る業者を選ぶしかありません。

 

問題発生させないためにも、データのやりとりや通信方式はどのようなものか、パスワードの暗号化対応は可能か、専用サーバーのセキュリティ体制はどのようになっているかなど、セキュリティ面に問題のない業者かどうか確認しましょう。

 

アウトソーシング・代行してもらう経理業務を決めておく

どの部分をアウトソーシング(代行・外注)してもらうのか、決めておきましょう。
自社でどこまで対応するのか、繁忙期のみのスポット対応を希望するのか、すべて依頼するのか……。
会社によって、アウトソーシング(代行・外注)のベストな使い方は異なってくると思います。
自社にとって最適な使い方はどのようなものか。検討してから、依頼しましょう。

 

経理アウトソーシング・代行の費用相場

経理アウトソーシングの業務内容ごとの料金相場をお伝えいたします。

 

日次業務

経理スタッフが行う日次業務の費用相場はだいたい4,000〜5,000円/時間
月額契約では、700,000円〜900,000円/月です。ただし、改善業務などが混在する場合、費用相場が上昇することもあります。

 

月次決算業務

経理責任者が行う月次決算業務の費用相場はだいたい5,000〜8,000円/時間、月額契約では、900,000円〜1,400,000円/月です。ただし、業務の難易度が高い場合や改善業務などが混在する場合、費用相場が上昇することもあります。

 

記帳代行

記帳代行とは、会計帳簿の作成代行のこと。主に会計事務所等で対応してくれるケースが多く、
5,000〜50,000円ほどで請け負ってもらえます。
仕訳数によって、値段が変動することもあり、100仕訳以内だと10,000円といった業者もあります。

 

税務書類の作成・申告

税務書類の作成・申告代行業務は、税理士に依頼すると、依頼内容によって20,000〜数十万円ほどかかるのが一般的です。会計事務所によって料金体系が異なる場合があります。

 

給与計算業務

給与計算代行の料金は、従業員数等によって変わってきます。
従業員数が10名以内の場合、月額30,000円程度で行ってもらえますが、100名近くになると月額150,000円以上かかることもあります。

 

給与計算業務に付随して、振込・納税代行、年末調整代行、住民税更新代行などのサービスをオプションとして提供している企業も存在します。

 

経理アウトソーシング・代行業者の選び方

経理アウトソーシング・代行・外注業者を選ぶ方法をお伝えいたします。

 

業務範囲

委託する業務範囲が条件と一致しているか確認しましょう。
アウトソーシングはおすすめですが、丸投げするのがいいわけではありません。
「ここまでは自社で対応し、ここからは外注先にお願いする」といった区分けをしたほうが、効率的に業務を遂行できます。

 

どの業務を外注すべきか分からない場合は、まずコア業務・ノンコア業務で分けましょう。
コア業務とは、自社の売上に直結する基幹業務。
コア業務をアウトソーシングしてしまうと、ノウハウの蓄積ができなかったり、情報流出してしまったりといったデメリットが大きく出てしまいます。

 

そのような可能性の低い、ノンコア業務からアウトソーシングしていくことをおすすめします。

 

 

質の高い専門性

品質の高さも重要なポイントです。
どの業者の質が高いか分からないといった場合は、実績をチェックしてみましょう。

 

これまでの委託件数やサービスの継続率などを調べてみてください。
セキュリティ面が気になる場合は、対策や過去に不祥事を起こしていないかなども確認しておきます。

 

また公認会計士や税理士などの専門資格の所有者が在籍しているかも、質の高い業者かどうか見極めるポイントです。
専門家でないと判断できない処理などもあります。
クオリティーの高い業者に依頼するためにも、必ずチェックしておきましょう。

 

 

迅速な対応をしてくれるか

対応スピードも確認しておきたいポイントです。
とくにリアルタイムでの対応やイレギュラー対応を希望する場合は、チェックしておく必要があります。

 

費用対効果の高さ

その外注先に委託したら、コスト削減につながるのか、検証しましょう。
アウトソーシング先によっては、最初に、指定されたシステムなどを導入しなくてはならず、コストがかかるケースもあります。

 

初期費用だけでなく、経理担当者を一人雇うのに対して、どれくらい安くなっているのか。
時折、定量的に調査することをおすすめします。

 

常駐が可能か

経理代行業者に常駐してもらえるかどうかも重要なポイントです。
常駐スタッフがいれば、仕訳作成や伝票起票などを即対応してもらえるのはもちろん、ファイリングしてもらった各種伝票の閲覧などもすぐできます。

 

また目の前で業務に取り組んでもらえることに、安心感を覚える方も少なくないでしょう。
社内システムを利用できるため、新たなソフトウェアを導入する必要もありません。

 

情報漏洩リスクを低減するためにも、常駐型のアウトソーシングサービスを選ぶことをおすすめします。

 

経理アウトソーシング・代行は専門業者へ

経理アウトソーシングの概要や業務内容、費用相場、メリット・デメリット等についてお伝えいたしました。
すべてアウトソーシングできないこともあるかもしれませんが、部分的でも代行業を利用することで、コスト削減や業務の効率化につながります。
経理業務をアウトソーシングすることで、より多くの優秀な人材を売上アップに直結するコア業務に配置することもできるでしょう。
毎年税制が改正されるなど、経理業務は一筋縄ではいきません。
当社のような経理・会計・税務のプロに委託することをおすすめします。

 

 

経理アウトソーシング費用は

「高い」のか?

経理アウトソーシングで

生産性を向上する方法!

経理アウトソーシング,費用,コスト,高い, 経理アウトソーシング,生産性,効率

経理アウトソーシングの

検討すべきポイント27選!

経理アウトソーシングの

導入事例20選!

経理アウトソーシング,検討,ポイント 経理アウトソーシング,導入,事例
トップへ戻る